flow竣工までの流れ

  1. ご相談

    土地をお持ちの場合は、その敷地にどんな建築物を建てることができるか、建築予算などをご相談。土地をお持ちでない場合は、土地探しのお手伝いや、ご購入を検討中の敷地に関する法的規制やメリット・デメリットについてのご説明をいたします。

    費用

    無料(※ただし、遠隔地の場合は、お打ち合わせや諸官庁等訪問に関わる交通費を頂戴します)

  2. 基本計画【約1ヵ月半】

    ヒアリング

    新しい住まいに対するご要望をお聞きして、敷地調査(周辺環境の状況や法的な規制、水道やガス・電気の配管の状況など)を行います。

    約1ヵ月

    基本計画の立案

    お聞きした内容をもとに、間取り図と模型(縮尺1/100)を使って、基本的なプランをご提案。設計契約を結ぶにあたっての方向性を確認します。

    費用

    無料(ただし、必要回数分の交通費を頂戴します)

  3. 実施設計【約6ヵ月】

    設計契約

    建築士法に基づく設計契約を行います。

    費用

    契約時に、設計監理費の15%を頂戴します。契約用印紙代のほか、敷地条件などによっては測量・ボーリング調査費が必要な場合も(別途、費用を頂戴いたします)

    基本設計

    2週間に1回程度の打ち合わせを行い、ご要望をお聞きしながら基本計画をよりよく変更して、デザインや仕上げ、設備などを決定します。それらを取りまとめて、主な仕上げや平面図、立面図、断面図、構造形式、設備形式を記した基本設計図と模型を提出。この図面をもとに概算見積もりを算出し、目標コストとの調整を行って、方向性を確認します。

    費用

    基本設計が完了後、設計監理費の15%を頂戴します。

    約2ヵ月

    実施設計

    基本設計図をもとに、詳細な実施設計図を作成。打ち合わせを行いながら、細部のデザインや仕上げなどを決定します。

    約2ヵ月

    お見積もり

    ご相談の上、複数の施工業者に見積もりを依頼。または、一社に絞って見積もりを依頼します。

    確認申請

    建築基準法に則して建物の確認申請を諸官庁に対して提出します。

    費用

    建築確認申請印紙代を頂戴します。
    ・長期優良住宅やフラット35などの申請が必要な場合は別途、費用がかかります。
    ・開発許可・宅造許可などが必要な場合も別途、費用がかかります。
    ・建築確認済証交付時に、設計費の10%を頂戴いたします。

    約1ヵ月

    見積もり書提出

    見積もり書を精査し、見積もり結果をご報告します。仕様変更などを行い、金額を調整して、ご相談の上、工事業者を選定します。

    費用

    実施設計が完了後、工事金額を了解していただいた時点で設計監理費の30%を頂戴します。

  4. 工事期間【6~10ヵ月】

    工事契約着工

    工事の契約完了後、準備期間を経て、地鎮祭を行い、着工となります。工事期間中は、担当者による現場監理(週1回程度)、月1回程度の施主打ち合わせをいたします。

    費用

    工事契約用印紙、中間検査印紙代を頂戴します。地鎮祭や上棟式など式典にかかる費用は別途、頂戴します。上棟時に、設計監理費の15%を頂戴します。

    木造2階建約6ヵ月、鉄骨造3階建約8ヵ月、鉄筋コンクリート造3階建約10ヵ月

    竣工

    完了検査立ち会い、取扱説明、引き渡しを行います。

    費用

    完了検査印紙代(別途)を頂戴します。竣工引き渡し時に、設計監理費の15%を頂戴します。

  5. メンテナンス

    定期点検やアフターケアのご要望に応じて、施工業者への依頼や調整を行います。

    費用

    ご相談は無料です。改修などで検討・図面作成が必要な場合は別途、費用がかかります。

※上記は一例、一般的な工程です。くわしくは、お気軽にご相談ください。