works業務実績

福山の家

どこから見ても顔になる
造成地に立つ木造の家

広島県福山市の雛壇状の造成地に建つ住宅です.

三方向が道路に面しており,それぞれの方向に対して顔がある建物が求められました.

プライバシーを確保するために2階にリビングを配置して,道路からの視線を防ぎながらも空を切り取る大きな開口部を設けています.

個室は最低限の広さとして,リビングに畳スペース,スタディスペースを設けて,いつも家族の気配を感じながら生活できる住宅としています.

所在地 広島県福山市
敷地面積 約225㎡
延床面積 約130㎡
構造・規模 木造・地上2階
用途 一戸建ての住宅
設計 有限会社シンプレックス一級建築士事務所
施工 道下工務店
竣工 2009年5月